カンボジアから中国南方航空を利用して日本へ帰国!まさかの機材変更!?【広州→東京羽田】#CZ3085




みなさん、こんにちは!

ポール(@letitbe01_blog)です。

この記事では、カンボジア旅行のときに利用した中国南方航空CZ3085(広州→東京羽田)のレビューをまとめました。機内食やサービスなどを中心に紹介します!

なお、この便以外の区間においても飛行機レビューを公開済です。他の区間のレビューは以下のリンクからどうぞ!

<カンボジアへGO!編>

カンボジアへGO!中国南方航空の羽田-広州便レビュー!日本人パイロット!?機内Wi-Fiもある!機内食なども紹介。#CZ386

2018年9月10日

カンボジアへGO!中国南方航空(広州-シェムリアップ)搭乗レビュー。悪天候で遅延・・・。でも席はガラガラで快適!#CZ3053

2018年9月13日

<カンボジアから帰国編>

カンボジアから中国南方航空を利用して日本へ帰国!機内食などを紹介。【プノンペン→広州】#CZ324

2018年11月28日

フライト情報

CZ3085便(広州→羽田)
フライト情報
  • 日付:2018年9月7日(金)
  • 便名:CZ3085(広州→羽田)
  • 時間:14:35→19:57(4時間22分)
  • 機材:Airbus 330(A330)
  • ラウンジ:プレミアムラウンジ
  • クラス:エコノミー(Y)
  • マイル:デルタスカイマイル25%加算*

*中国南方航空はスカイチームに加盟しているため、デルタのマイルを加算できました。ただ、2019年にスカイチームを脱退することが決定されたため、今後は提携が解消されると思います。

カンボジアから広州で乗り継ぎ

9月7日の早朝にカンボジアを離れ、CZ324便で広州に到着しました。今回は乗り継ぎ時間が約3時間でしたので、中国には入国せずそのままトランジットカウンターへ向かいました。

広州の乗り継ぎは初めてでしたが、乗り継ぎまでの動線はシンプルで、迷うことはなかったです。

乗り継ぎの案内

このように、標識がいたるところにあります。乗り継ぐ場合は「Transfer」の指示に沿って歩いて行けばOKです。カンボジアからの飛行機を降りて30~40分ぐらいで、出発エリアの制限エリア内に入れました。

ラウンジへ向かう!

広州白雲国際空港にはプライオリティパスで入れるラウンジがあります!

プレミアムラウンジ

広州白雲国際空港の第2ターミナルは最近完成したばっかで、ラウンジはとても綺麗です!日系の航空会社ではJALが指定しているラウンジでもあります。

このラウンジの内部の様子は僕が最速でアップしています。気になる方は以下の記事をどうぞ!

広州白雲国際空港・第2ターミナルにある「Premium Lounge」を利用したレビュー。食事良し!シャワールームも!【JAL広州】【新第2ターミナル】

2018年9月19日

搭乗ゲートへ向かうと・・・機材変更!?

ラウンジから搭乗ゲートまで地味に遠かったので、早めにラウンジを出ました。

空港内を歩いていると、僕が乗る便とほぼ同時刻に出発するJALと遭遇!B787かな?コックピットには日よけのシートが!

広州白雲国際空港でJALと遭遇

なんか海外でJALの鶴丸を見るとすごい安心するのは僕だけでしょうか?笑

1週間の旅が終わり、ついに帰国。海外はおもしろくて好きですが、やはり日本が一番!おにぎりと味噌汁が食べたくなってきました(笑)。

一方で私が今回搭乗するのは、中国南方航空です。JAL便に乗るのはビジネスマン、南航に乗るのは観光客といった感じでしょうか?

A330に変更されていた!

搭乗ゲートに到着すると、待機していたのはA330でした!事前に知らされていた機材はB737だったので、勝手に機材変更されていました!笑

いよいよ機内へ、座席などは?

少し早めに搭乗開始となりました。一般レーンとスカイプライオリティレーンで区別されています。

搭乗ゲートはA172

本日の機材はA330です。往路で利用したCZ386(羽田→広州)と同じ機材でした。座席の配列は2-4-2で、私は通路側でした。

CZ3085便の座席

座席の幅はこんな感じ。広いですが、ボックスが・・・邪魔です(笑)。ボックス席は何個か存在して、当たってしまったら外れと思うしかないですね。

隣の人が来ないことを祈って通路側を取ったのですが、かなわず・・・。真ん中の席の人は4つの座席を独占している人もいました。うらやましい・・・(笑)。

離陸後の機内サービスを紹介

機内エンターテインメント

A330はモニターが各席に取り付けられています。僕が本来乗るはずであったB737だとモニターがないようです。これはラッキーでした!

CZ386便の機内モニター

ちなみにこちらは往路で乗ったときの機内モニターです。同じA330なんですが、往路のときの方が新しかったようです。やはり、タッチの反応の良さは新しいモニターの方が良かったですね。

機内食は1回提供されます

まずは離陸後に「おしぼり」と「ピーナッツ」をいただきました。

ピーナッツの提供

機内食は「肉」か「魚」の2種類から選択です。ただ、僕のところへ回ってきたときはすでに肉は売り切れ・・・。

CAさん
お肉がなくなってしまったので、魚となってしまいますが大丈夫でしょうか?ご協力お願いします。

中国系の航空会社はもっと雑なイメージを持たれる方も多いとは思いますが、とても丁寧な対応でした!英語もちゃんと通じます。

機内食は魚をチョイス

こちらが機内食です!見た目はちょっと微妙ですが、味はおいしかったですよ(笑)。そばが提供されるあたり、日本を意識していますね!

機内の様子

CZ3085便の機内の様子

機内の様子はこんな感じです。ご飯を食べ終わったら消灯しました。だんだんと日も沈んでいきます。

搭乗率ですが、8割ぐらいだったと思います。特に後方の座席は空席が目立ちました。なので、途中で席を移動している人もいました。

Amazonプライムで映画を楽しむ

機内モニターがあるとはいえ、ラインナップは正直にいうと微妙です(笑)。やはりAmazonのプライムビデオは最高ですね。

Amazonプライムビデオ

タブレットなどにあらかじめ映画をダウンロードしておけば、機内などのオフライン状態でも見られるようになります!

学生プランは年間1,900円!非常にお得なので、是非加入してみましょう!

Amazonプライムの魅力☆

羽田空港に到着

ほぼ定刻通りに羽田空港に到着しました!

入国審査が自動化されていました!パスポートをかざして、写真照合をしたら終わり。事前登録がいらないのは便利ですね!

まとめ

私はこれで、中国東方航空、中国国際航空、中国南方航空の三大キャリアを制覇できました。機内サービスなどは中国南方航空が一番良かったと思います。CAの方の対応も丁寧で、好印象でした。

中国南方航空は広州を拠点としている航空会社で、ヨーロッパ方面やオーストラリア方面の航空券を安く放出しています。みなさんも是非利用してみてはいかがでしょうか?

これにて中国南方航空の飛行機レビューは終わりです。往路から通してみてくださった方、ありがとうございました!

こちらの記事もあわせてどうぞ!

<カンボジアへGO!編>

カンボジアへGO!中国南方航空の羽田-広州便レビュー!日本人パイロット!?機内Wi-Fiもある!機内食なども紹介。#CZ386

2018年9月10日

カンボジアへGO!中国南方航空(広州-シェムリアップ)搭乗レビュー。悪天候で遅延・・・。でも席はガラガラで快適!#CZ3053

2018年9月13日

<中国南方航空で日本へ帰国編>

カンボジアから中国南方航空を利用して日本へ帰国!機内食などを紹介。【プノンペン→広州】#CZ324

2018年11月28日

最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事がおもしろかった!役に立った!という方はSNSなどでシェアしてくださると嬉しいです。

コメントなどはこの記事に書き込むこともできますし、TwitterでもOKです!

Twitter
@letitbe01_blogをフォロー!

 




SNSでのシェアお願いします♪


大学生は海外旅行へ行ける絶好のチャンス!

随時、大学生向けの記事をアップしています。

「ひとり旅に挑戦したい!」

「旅行に行ったことがないから不安・・・」

こんな方のために役立つ情報が満載です!

是非、他の記事もご覧下さい~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

関東を拠点にしている理系大学生です。 中学生のときに2週間の語学留学を経験。そこから海外に対して憧れを持つようになりました。大学生になり、タイの日系企業でインターンシップに参加。海外に対する思いがより深まりました。 今では、暇があれば安い航空券を検索して、国外国内問わず、友人と旅行をしたり1人で旅に出かけます。 ビートルズを中心とした、音楽に関する情報も発信中。