上海高層ビル群の進化がすごい!過去の上海を写真で振り返ってみた。#第1弾




みなさん、こんにちは!

ポール(@letitbe01_blog)です!

 

みなさんは中国に対してどういうイメージを持っていますか?日本でも「中国人のマナーが・・・」とか、「ファーウェイのトップが・・・」とか、連日報道されていますよね(笑)。

なにかと話題になる中国ですが、年々進化を遂げているのは確かです。なぜ、僕がこう言い張れるかというと、僕は幼少期から中国の姿を見ているからです。

1998年生まれの僕ですが、母親が中国人ということもあり、年に1度のペースで中国の上海を訪れています。

この記事では、僕がこの目でみた上海の発展ぶりを写真を交えながら、見ていきたいと思います!

高層ビル群から見る上海の発展

上海の高層ビル群とは?

上海の地理を語る上でまず重要なのが、黄浦江(こうほこう)です。この川をはさんで東側にあるのが高層ビル群です。一方で西側には外灘(バンド)があります。

80~90年代から着々と開発が進み、現在も開発は続いています。このエリアは外国人観光客はもちろん、中国国内の旅行客も多いです。

それでは、上海高層ビル群を語る上で注目すべき3つの建物を紹介します。

上海東方明珠電視塔

「東方明珠電視塔」は上海にあるテレビ塔です。なので、単に「上海テレビ塔」と呼んだりもします。高さは、467.9mで建設当時はアジア1位。

ちなみに、丸くなっている部分に展望台があります。1994年に完成したので、僕が生まれる前からあります。

上海ワールドフィナンシャルセンター

上海ワールドフィナンシャルセンターは、2008年に完成した商業施設やオフィスが入っているビルです。なんと、このビルは日本の「森ビル」が建設しました。

高さは492m。展望台は474mのところにあって、僕も上ったことがあります。

このビルは商業ビルなので、どんな企業が入っているのか調べてみたのですが、79階~93階は「パークハイアット上海」というホテルらしいです!こんな所に泊まって見たいですね!

予約サイトで調べてみると、一泊30,000円程度。やはりお値段は高いですが、ちょっと手を伸ばせば利用できそうです!

ちなみに日本企業のオフィスも入っているようです。

上海中心(上海タワー)

次に紹介するのは、上海タワーです。いままで紹介した2つよりも新しく、2014年に完成したものです。高さは632mなので、東京スカイツリーとほぼ変わらないですね!

螺旋状にねじれながらデザインされているのが特徴的です。

ちなみに、中国では一番高いビルとなっています。僕も2016年に上りました。いまだに東京スカイツリーには上ったことがないのですが・・・(笑)。

用途は上海ワールドフィナンシャルセンターと同じで、商業施設やホテル、オフィスが入っています。

それでは、実際にこれらが建設されていく様子を写真で追っていきましょう。

12年前の様子(2006)

12年前の上海の姿がこちらです!

【撮影:2006】

まだ多くのビルにクレーンが乗った状態であるのが分かると思います。1994年に完成した「東方明珠電視塔」は営業しています。

この時点で「上海ワールドフィナンシャルセンター」は建設中。「上海タワー」の面影はありません(笑)。ちなみに、このとき僕は8歳です。

展望台から見ると新地が多いことがよく分かります。正直僕はあまり覚えていないのですが、こんな時代もあったんですね。

10年前の様子(2008)

2006年から2年後・・・。「上海ワールドフィナンシャルセンター」が見えてきました。

【撮影:2008】

いままで上海高層ビル群の主役であった「東方明珠電視塔」を追い越し、「上海ワールドフィナンシャルセンター」が大きく目立っています

ちなみに僕はこの時点で10歳。ここら辺から記憶はしっかりあります。なので、上海ワールドフィナンシャルセンターの展望台から見た景色はいまでも覚えています。

6年前の様子(2012)

【撮影:2012】

だいぶ現在の姿に近づいてきました。しかし、まだ一部のビルにクレーンが見えます。

そう、まだ「上海タワー」の面影がありません(笑)。ちなみにネットで調べたところ、2012年時点で上海センターは300mまで到達しているそうです。

おそらく高さが足りず、この写真では他のビルに埋もれているのだと思います。

現在の上海高層ビル群(2018)

【撮影:2018】

はい、これが上海の現在の姿です。

田舎者なので、毎回ここに立つと「すげ~」ってなります(笑)。

中国に行ったことがない方は、こんな姿は想像できなかったのではないでしょうか?中国の上海に関しては、もうここまで来ているのです!

街も以前よりだいぶ綺麗になり、先進国と変わらない風景になってきました。その分、土地の値段も跳ね上がっています。

なお、上海はいまも都市開発を続けています。例えば、中心部に近い古い住宅街を解体して区画整理し、新しい商業エリアを作っています。

番外編:日本企業の広告が消えた?

【撮影:2006】

この写真は、どこの展望台から撮ったのか覚えていないのですが、上海の町並みを上層階から見たものです。写真には、「EPSON」「TDK」「CASIO」「KYOCERA」など日本企業の看板のオンパレードです。かなり宣伝効果があるのではないでしょうか?

【撮影:2016】

ところが、その10年後。看板が姿を消していました。日本企業の看板以外も撤退しているようです。広告の値段が上がったから撤退したのか、単に禁止されたのかは分かりません。

まとめ:上海はここまで来ている!

いかがでしたでしょうか?中国の経済の中心である上海は、いまもなお進化を遂げています。

是非、実際に訪れてこの景色を見て欲しいです。そして、この記事内で紹介した「上海ワールドフィナンシャルセンター」や「上海センター」は登頂することができるので、訪れた際は展望台からの景色もオススメです。

今回は「高層ビル群」を視点に見てみました。次は、「公共交通機関からみる上海の進化」をお届けしようと思っています!お楽しみに!

 

好評であれば、シリーズ化したいと思っています!

この記事がおもしろかった!役に立った!という方はSNSなどで、シェアしてくださると嬉しいです。

コメントはこの記事に書き込むこともできますし、ツイッターでもOKです!

Twitter
@letitbe01_blogをフォロー!

最後までご覧頂きありがとうございました。




SNSでのシェアお願いします♪


大学生は海外旅行へ行ける絶好のチャンス!

随時、大学生向けの記事をアップしています。

「ひとり旅に挑戦したい!」

「旅行に行ったことがないから不安・・・」

こんな方のために役立つ情報が満載です!

是非、他の記事もご覧下さい~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

関東を拠点にしている理系大学生です。 中学生のときに2週間の語学留学を経験。そこから海外に対して憧れを持つようになりました。大学生になり、タイの日系企業でインターンシップに参加。海外に対する思いがより深まりました。 今では、暇があれば安い航空券を検索して、国外国内問わず、友人と旅行をしたり1人で旅に出かけます。 ビートルズを中心とした、音楽に関する情報も発信中。