JAL国際線でモスクワへ!「広い!」と評判のエコノミークラスの座席や、機内食などを詳しくレビュー!#JL421




2019年9月にJAL国際線・エコノミークラスでロシア・モスクワまで行ってきました!

おはようございます☀
モスクワは朝の9時です‼️

昨日JAL国際線でモスクワまで移動してきました✈️

モスクワ着いたらコックピットからパイロットの方が手を振ってくれました😄 pic.twitter.com/zX38F5jdDT
— ポール/ブログletitbe01✈️ (@letitbe01_blog) September 20, 2019

久しぶりのJAL国際線でしたが、改めて日系航空会社の素晴らしさを感じたフライトでした。

Paul
この記事では、過去に「東京⇔上海、バンコク、シドニー」など、JAL国際線に多く乗ってきた筆者が機内食や機内サービス、座席などを徹底レビューしていきたいと思います!

今後同路線を利用する方や、JAL国際線を利用する方の参考になれば幸いです。

JAL国際線でモスクワへ!JL421フライト情報

フライト情報
  • 日付:2019年9月19日(木)
  • 便名:JL421(成田→モスクワ・ドモジェドヴォ)
  • 時間:10:43→15:00(10時間17分)
  • 機材:Boeing787-8(B788)
  • ラウンジ:なし
  • クラス:エコノミー
  • マイル:5,197マイル(加算率100%)(ボーナス含む)

JALは成田からモスクワへ毎日運航しています。今回の機材はB787-8で、スカイスイート仕様です!クラス構成は、ビジネス・プレエコ・エコノミーの3部で、ファーストはありません。

航空券の予約クラスはSでしたので、マイルは通常であれば50%の加算率ですが、JALカードnaviの特典であるツアープレミアムを活用して100%加算されました(^^)。

お値段は、復路のヘルシンキ→東京も合わせて11万弱でした。

チェックインから搭乗まで

電車で成田空港へ向かい、朝8時過ぎに到着しました。今回は友人と3人の旅行です!最近はひとり旅ばっかしていたので、久しぶりのグループ旅行にワクワクしていました!

スムーズにチェックイン完了!

自動チェックイン機で預け荷物のタグを発行し、カウンターへ並びました。モスクワ行きの人は、ビザの関係でカウンターで搭乗券を発券するみたいです。

朝でしたが、それほど混雑はしておらず、エコノミーカウンターでもスムーズにチェックインを終えることができました!

出国を終え、制限エリアへ

最近は成田第3ターミナルや羽田空港を利用することが多かったので、久しぶりの第2ターミナルだったのですが、出国ゲートも自動化されたんですね!スムーズに出国できました。

僕が搭乗するのは、10:45発JL421便です。ロシアのS7航空とのコードシェア便のようです。

この時間帯は、上海やメルボルン、ヘルシンキ行きのJAL便もあるんですね!

ゲートを確認、搭乗開始

今回の搭乗ゲートは97番で、残念ながら一番端っこでした(^_^;)。

搭乗は予定通り10:25分頃に始まりました。優先搭乗している人は少ないように感じました。この路線に上級会員はあまりいないんですかね?(笑)

私は、後方座席のエコノミークラスという区分で搭乗しました。入り口でもう一度ロシアのビザを確認されました。モスクワは、ビザを取らないと行けないのでご注意を!

JALの国際線は何度も乗ってきましたが、B787は初めてです。翼がかっこいいですね!

JALモスクワ線の機内食やサービスを徹底紹介!

座席まわりの様子や付属品を見てみよう!

座席に着きました。本日は通路側の席を取りました。番号は50Dです。友人と考えて、長距離線なのでトイレの行きやすさを考慮しました(笑)。

結果としては大成功で、隣は空席でした(^o^)!

 

座席配列は2-4-2です。多くの航空会社が3-3-3とするところをJALは1席少ない特殊な形で配列しています。友人は2席のところに座ってもらいました!

シート外観はこんな感じです。JAL SKY WIDERと呼ばれる仕様で、シートピッチは、約84cm~86cmだそうです!

また、他の航空会社よりも横1席少ないので、横幅は従来よりも+5cmの設計になっています。

 

エコノミーの搭乗率は8割ほどだったと思います。ビジネスは分かりません・・・。特にエコノミー後方はガラガラで、独占している方もいました。

客層は、意外にもロシアの方が多く、次いで団体ツアーの日本人、そして僕のような個人旅行者という感じでしょうか。

安全のしおりです。B787-8ということで、B787では胴体が短い機体です。胴体が長いB787-9はシドニー線などに投入されているようです。

 

座席には、写真のクッションとブランケットがあらかじめ置かれていました。それにしても独特な形をしていますよね(笑)。首につけたりできるように工夫されているのだと思います!

個人用モニターも使いやすい!

個人用モニターはタッチパネル式で、リモコンは無いタイプです。USBポートもあるので、スマホの充電なども楽々できます。

 

ちなみに、2019年9月に機内安全ビデオがリニューアルされたようです!

「ANAが歌舞伎をイメージした安全ビデオを作る一方、JALは古い!」という声がネットで多数ありましたが、ついにです!(笑)

安全に関する重要な部分をしっかり強調した、分かりやすい安全ビデオでした!

離陸後、ドリンクのサービス

離陸後、旋回のため20分ほどシートベルト着用サインが継続されていました。シートベルトサインが消えると、パイロットからのアナウンス。

この後の航路上の天候は良好とのこと!ただ、モスクワの気温が10℃を切っているという事実に驚いていました(笑)。

 

まずは、おつまみとドリンクのサービスです!

飲み物は「スカイタイム」をチョイス。あられミックスは、9月にリニューアルされたそうです!今回のフライトは、いろいろリニューアル直後のものが多くてラッキーです!

最初の機内食は「若き料理人たちによる機内食」

離陸から約1時間後に機内食の提供が始まりました(^^)!

~若き料理人たちによる機内食~ RED U-35とのコラボメニューです。

こちらも9月に始まった新メニュー!2種類ありますが、僕は「牛バラ肉とトマトのピリ辛煮込み」を選択しました!

2019年9月からの秋メニュー
メイン:(1種類を選択)

  • 若鶏とキノコのフリカッセ
  • 牛バラ肉とトマトのピリ辛煮込み

サイドディッシュ:(共通)

  • ジャガイモとスモークサーモンのシーザーサラダ風
  • 豆乳クリームの麻婆豆腐
  • 野菜のオムレツ

メインはとても美味しかったです!サイドは個人的には「ジャガイモとスモークサーモンのシーザーサラダ風」が美味しかったです。

お味噌汁もいただけて、大満足の食事です!

 

食後は、JAL機内限定のハーゲンダッツ。今回はカスタードプディングでした!

お休みタイムは、ギャレーに飲み物・お菓子あり!

食事が終わり落ち着いてくると、お休みタイムで照明が暗くなりました。

僕は、「劇場版ピカチュウ」と「名探偵コナン」を見てました。映画の種類は豊富で、長距離線でも飽きないラインナップでした。

 

トイレに行くついでにギャレーを覗いてみると、自由に頂ける飲み物とお菓子が置いてありました!小腹が空いたときに行ってみましょう!

CAさんもかなり気遣ってくださり、消灯中でもコンソメスープや緑茶、コーヒーのサービスを行っていて、適宜声をかけていただきました!

2回目の機内食もおいしい!

ひたすらロシアを横断すること数時間・・・。モスクワが近づいてきました。

ここで2回目の機内食です。座ってるだけで何もしていないんですが、お腹が空いてきました(笑)。

2回目の機内食に選択肢はなく、1種類のみです。スクランブルエッグなど、朝食に定番のメニューです。

ほどよく温められていて、特にトロトロのたまごが美味しかったです!食後には温かい緑茶もいただけました!かなり満足です!

 

この後、着陸の準備に入り、ほぼ定刻通りに着陸しました!

モスクワに到着~入国~市内へ

モスクワ・ドモジェドヴォ空港に到着

ドモジェドヴォ国際空港に到着しました。現地時間は15時で、日本時間ですと21時です。10時間弱のフライトを終えました!

飛行機から降りると、機体が綺麗に見えました!クルーのみなさんお疲れ様でした。

写真を撮っていると、なんとパイロットの方が大きく手を振っていました!心温まるサービスに感動してしまいました(笑)。

入国審査を終え、モスクワ市内へ

入国審査では特に質問もされず、意外と簡単に入国できました。ただ、外に出てみると寒い・・・!

半袖で到着した自分は、急いで上着を取り出しました(^_^;)。

その後は、Yandex.Taxiというロシアの配車アプリで市内まで向かいました!

ドモジェドヴォ国際空港は日本でいう成田みたいな感じで、少し市内から離れています。ホテルまで1時間弱掛かりました。

しかし、JALは2020年の夏ダイヤからモスクワ市内に近いシェレメチェボ空港に変更されるようです!

まとめ:日系航空会社のサービスの良さを感じたフライト

最近は、「目的地に行ければどの航空会社でもいいや」と思って、さまざまな航空会社を試していましたが、やはり改めて日系航空会社のレベルの高さを感じたフライトでした。

機内食のおいしさ、絶妙なタイミングのドリンクサービスなどなど・・・。また、パイロットの方が手を振ってくれたのも嬉しかったです。

 

日系航空会社は、お値段がどうしても高くなってしまうので、大学生の僕には中々手を出せませんが、今回はJALを選択して正解でした!

 

2020年からANAもモスクワ線に参入するので、そちらも注目ですね!機会があれば乗ってみたいです。

Paul

この記事がおもしろかった!役に立った!という方は、TwitterなどのSNSでシェアしてくださると嬉しいです(^^)。ブログ更新の励みになります!

また、ご質問などがありましたら、この下にあるコメント欄をご利用ください。
以上、旅ブロガーのポール(@letitbe01_blog)でした!




SNSでのシェアお願いします♪


大学生は海外旅行へ行ける絶好のチャンス!

随時、大学生向けの記事をアップしています。

「ひとり旅に挑戦したい!」

「旅行に行ったことがないから不安・・・」

こんな方のために役立つ情報が満載です!

是非、他の記事もご覧下さい~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

関東を拠点にしている理系大学生です。 中学生のときに2週間の語学留学を経験。そこから海外に対して憧れを持つようになりました。大学生になり、タイの日系企業でインターンシップに参加。海外に対する思いがより深まりました。 今では、暇があれば安い航空券を検索して、国外国内問わず、友人と旅行をしたり1人で旅に出かけます。 ビートルズを中心とした、音楽に関する情報も発信中。