日本の航空会社で学生を優遇しているのはどこだ?学割や学生専用クレジットカードなど、学生の特権を徹底比較します!




みなさん、こんにちは!

旅ブロガーのポール(@letitbe01_blog)です!

 

学生
旅行に行きたいけど、航空券って高いよね…。

なんでそんなに旅行に行けるの?

 

このように聞かれることが非常に多いです!

僕は別に金持ちでもありませんし、バイトも人並みにしかやってないです。

 

ただ、「学生の特権」を利用しているだけです

実は航空会社は、学生向けにさまざまな割引制度や、キャンペーンを実施したりしているんです!

学生を優遇しているキャンペーンがあるのであれば、それを使わない手はないでしょう!

 

この記事のポイント

  • 航空券の「学割」を紹介します!
  • 学生専用のクレジットカードを紹介します!

 

今回の調査の対象は、「日本の航空会社」です!各社とも、さまざまな学生優遇サービスを展開しています。今回はそれを徹底的に調べましたよ!!

日本の航空会社の学生優遇度をチェック!

学生にやさしい航空会社とは?

学生にやさしい航空会社って何なのでしょうか?(笑)

 

世間一般で「学生」と聞くと、どのようなサービスを思い浮かべるでしょうか?

「学割」「学生限定プラン」

このような言葉がピン!と来ると思います。

 

なのでこの記事では、学割など学生にしか適用されない割引制度や、学生限定の○○みたいなものに注目して、各航空会社を比較します!!

機内サービスや接客などについては、今回の議論の対象外にします!

比較する航空会社

今回比較する航空会社は、国内の主要な会社を取り上げます!LCC、レガシーを問わず、次の航空会社をピックアップしました!

航空会社

✓JAL(日本航空)
✓ANA(全日空)
✓スターフライヤー
✓エア・ドゥ
✓ピーチ・アビエーション
✓ジェットスター

JAL、ANAは言わずと知れたフルサービスキャリアです。

スターフライヤー、エア・ドゥは、地域に特化した航空会社ですがLCCではなく、ミドルクラスの航空会社に位置づけされています。

ピーチ、ジェットスターは、有名なLCCです。

航空券の学割があるのはどの航空会社?

航空券に学割の制度があるのをご存じでしょうか??

何気なくネットでポチッと航空券を買いがちですが、実は航空券にも学割が存在するのです

 

それは、「スカイメイト」というサービスで、出発空港で航空券を当日購入する場合に安く売ってくれる制度です。

 

このような嬉しい制度を設けている航空会社はどこでしょうか!?

「スカイメイト」を実施している航空会社

✓JAL(日本航空)
✓ANA(全日空)
✓スターフライヤー
✓ソラシドエア
✓エア・ドゥ
✓フジドリームエアラインズ

JALのスカイメイトはどんな感じ?

JALのスカイメイトは満12歳以上26歳未満の人で、搭乗日当日、出発空港で空席がある場合に利用できます。

フラッと空港に行って、空席があれば使えるよ!という感じです。

予約は不可なので、当日空港で空席がなかったら、搭乗できません…。

 

スカイメイト価格を一部紹介すると、こんな感じです↓

正規料金から約6割引で購入できる路線もあります!!後述しますが、ANAと料金形態はほぼ変わりません。

 

スカイメイトを利用したい場合は、当日空港に行けばOK!

その際に生年月日を確認できる公的な書類(運転免許証・パスポートなど)が必要です。

 

特にJALマイレージバンクの会員である必要はありません。ただ、マイルを加算できるので、会員であったほうがお得です!

ANAのスカイメイトはどんな感じ?

ANAでは「スカイメイト」とは呼ばず、「スマートU25」という愛称で行っているようです!

対象は、12歳以上25歳以下のANAマイレージクラブ会員です。

 

つまり、JALとは違って、ANAのマイレージ会員でないと使えないということです。

 

料金形態は、JALとほとんど一緒です。正規料金の約6割まで割引している路線もあります。

 

また、JALと決定的に違うのは、当日Web上で購入できるという点です。

 

JALは当日空港での手続きなので、空席が無かったらスカイメイトは使えません。

一方でANAの場合は当日にWebで空席をチェックして、空席があった時点でスカイメイトの航空券を予約可能!

 

空港まで行かなくても予約で席を抑えられる点は素晴らしいです!

スターフライヤーのスカイメイトはどんな感じ?

スターフライヤーでは、「スターユース」という愛称が使われています。

満12歳以上26歳未満の人限定で、事前予約&購入が可能です!!

 

スターユースの価格の一部は以下の通りです↓

スターフライヤーは、九州が拠点の航空会社なので、東京⇔九州間の移動では使いやすいと思います!

また、ANAと同様に事前予約できるところがポイントですね!

エア・ドゥのスカイメイトはどんな感じ?

「北海道の翼」というキャッチフレーズが有名なエア・ドゥですが、

満12歳~26歳未満の人に対して、スカイメイトを実施しているようです。

 

当日空港で空席がある場合に購入できて、学生証など生年月日を確認できる書類があればOK。

なんと、値段は片道9,600円均一(ハイシーズンを除く)です!

 

東京発の主な路線は以下の通りです↓

例えば、東京ー札幌 も9,600円で行けてしまいます。エア・ドゥ通常の料金ですと、片道15,000円程度掛かるので、約4割引であることが分かりますね!

この金額は、同じく北海道の路線を持つJALやANAよりも安い金額なので、北海道方面でスカイメイトを使いたい場合は、エア・ドゥが一番コスパが良さそうです。

参考

  • 東京(羽田)⇔札幌:14,000円(JAL、ANA)

JAL、ANAは大手なので、両社ともスカイメイトの値段設定は足並みを揃えています。

JAL、ANAはマイルを貯めることができるメリットがありますが、単に値段だけで比較すると、北海道方面のスカイメイトはエア・ドゥですね!

ピーチ、ジェットスターにスカイメイトは・・・ない!

国内の主要なLCCである、ピーチやジェットスターには残念ながら、スカイメイトというサービスはないようです。

まあ、それもそのはずです。

LCCは元の値段が安いので、それ以上値下げできないのでしょう!

 

レガシーの航空会社の値段と比較しながら、できるだけ安く購入できるように探してみましょう!

注意
国内LCCは、東京であれば「成田」であったり、大阪であれば「関空」であったりと、発着空港がやや不便な立地である場合が多いです。

値段だけに注目するのではなく、発着空港の確認もしっかりしましょう!

各航空会社の「スカイメイト」まとめ

航空会社

対象となる人 事前予約 マイル加算
JAL 満12歳以上26歳未満

×

◎JALマイル
ANA 12歳以上25歳以下

◎ANAマイル
スターフライヤー 満12歳以上26歳未満

◎STAR LINK
エア・ドゥ 満12歳以上26歳未満

×

◎DOマイル
ソラシドエア 満22歳未満または学生

◎ソラシドスマイル
ピーチ
ジェットスター

LCC以外の航空会社は、ほとんどスカイメイトサービスを実施していることが分かりました。

また、詳しく紹介はしませんでしたが、ソラシドエアやフジドリームエアラインズなどでもスカイメイトを実施しているようです!

事前予約ができる航空会社と、できない航空会社があるので、そこは注意が必要ですね!

また、スカイメイトを利用した場合でもマイルの申請ができます!利用した際は、必ずゲットしておきましょう!

学生限定クレジットカードがあるのはどの航空会社?

航空会社のサービスは、「学割」だけではありませんよ!

若者を優遇するために、各航空会社でさまざまなサービスが展開されています。

 

その一つが、学生専用のクレジットカードです。

普段の買い物で使うことにより、マイルが貯まって、そのマイルで航空券に交換することができます。しかも、学生は少額のマイルで航空券に変えられるんです!

ここでは、JALとANAの学生専用クレジットカードを紹介します!

JALカードnaviの特典が最強!

JALには、学生専用のクレジットカードがあります!!

これがとにかく特典だらけです!一部を抜粋してあげると以下のような感じです↓

JALカードnaviの特徴
  • 年会費が無料
  • 買い物で100円1マイル加算
  • 飛行機に乗ると、ボーナスマイルあり
  • 国内線往復6,000マイルで手配可能
  • 国際線も少額マイルで手配可能
  • 入会時に5,000円分のポイントGet!

要約すると、爆速でマイルが貯まって、少額のマイルで航空券に交換することができる学生最強のクレジットカードです!!

 

このブログでもかなりオススメしています!もちろん僕もメインカードとして使用中です!

JALカードnaviを愛用している大学生が活用法を紹介。うまく使えばタダで飛行機に乗れちゃいます!【大学生最強クレジットカード】

2018年9月20日

詳しくは、別記事でたっぷりとお話ししています!どうぞご覧ください。

ANAの学生専用カードもある!

ANAにも学生専用のクレジットカードがあります。

ANAカード(学生用)の特徴
  • 年会費が無料
  • 飛行機に乗らなくても、毎年1,000マイルプレゼント!(★)
  • 飛行機に乗ると、ボーナスマイルあり

★はJALカードnaviには無い特典です!

ANAのクレジットカードも、在学中年会費が無料であったりと特典はありますが、JALの特典に比べると少ないです。

しかし、ANAにしかない就航都市もたくさんありますので、ANAのマイルにこだわりがある人は良いかもしれません。

しかし、特にこだわりが無ければ、学生のうちはJALカードを持っていたほうがお得です!

まとめ:学生の特権を利用して飛行機に乗ろう!

学生はお金が無いから、そう簡単には旅行できない…。

こう思っている方が非常に多いです。

でも、この記事を読んでもらった方は、各航空会社が若者に向けて、いろいろなサービスを展開していることが分かってもらえたと思います!

 

若者向けのサービスがあるなら、それを使わない手はないでしょう!

工夫次第で、いくらでも費用は抑えられるんです。

 

本日のまとめ
✓「スカイメイト」は学割価格で航空券が買える制度です!
✓学生専用のクレジットカードを発行して、マイルを貯めよう!
✓たまったマイルは航空券に交換できます!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

Paul
この記事がおもしろかった!役に立った!という方は、Twitterなどでシェアしてくださると嬉しいです(^^)

コメントもお待ちしております~!(この下にコメント欄があります)

旅ブロガーのポール(@letitbe01_blog)でした!




SNSでのシェアお願いします♪


大学生は海外旅行へ行ける絶好のチャンス!

随時、大学生向けの記事をアップしています。

「ひとり旅に挑戦したい!」

「旅行に行ったことがないから不安・・・」

こんな方のために役立つ情報が満載です!

是非、他の記事もご覧下さい~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

関東を拠点にしている理系大学生です。 中学生のときに2週間の語学留学を経験。そこから海外に対して憧れを持つようになりました。大学生になり、タイの日系企業でインターンシップに参加。海外に対する思いがより深まりました。 今では、暇があれば安い航空券を検索して、国外国内問わず、友人と旅行をしたり1人で旅に出かけます。 ビートルズを中心とした、音楽に関する情報も発信中。