大学生の私がビートルズのアルバムを解説!第1弾#PLEASE PLEASE ME




ビートルズのアルバムをさまざまな視点から解説するコーナー!

第1弾はビートルズのファーストアルバムでもある「Please Please Me」です!

以前なぜ大学生にビートルズをオススメするのか述べた記事があります。そちらの記事も合わせてご覧下さい。

>>>大学生にビートルズをオススメする4つの理由

アルバム概要

Beatles ビートルズ / Please Please Me 【CD】

アルバム名:Please Please Me(プリーズ・プリーズ・ミー)

発売:1963年(イギリス)

曲数:14曲

時間:約33分

収録曲

  曲名
I Saw Her Standing There
Misery
Anna (Go To Him)
Chains 
Boys
Ask Me Why
Please Please Me
Love Me Do
P.S. I Love You
10 Baby It’s You
11 Do You Want To Know A Secret
12 A Taste Of Honey
13 There’s A Place
14 Twist And Shout

アルバム全体の特徴

ビートルズのファーストアルバムは、多くのカバー曲で構成されているのが特徴です。

自分たちで作詞作曲した曲と混ぜ合わせているため、全部オリジナル曲なのでは?という錯覚に陥ります。むしろ、ビートルズによるカバーバージョンのほうが、原曲よりも有名になっているかもしれません。

アルバムは、ポールの「One,two,three,four!」というカントダウンで始まり、ジョンのシャウトが効いた「Twist And Shout」で締めくくります。

「Love Me Do」でデビューを果たしたばかりのビートルズにとっては、とても大きな仕事だったと思います。

曲の分析

私が特に印象に残っているもののみ取り上げます。全曲解説もいつかはやってみたいと思っています。

I Saw Her Standing There

ポールマッカートニーがメインで歌っている曲。ビートルズ初期の「ライブ」を意識した曲になっていると思います。

ポールのシャウトが多く入っていて、曲のキーも高めです。ベースが特徴的なフレーズで、弾きながら歌うのは相当な技術です。私は無理でした(笑)。

この曲を70歳過ぎたポールが今でもライブで歌っているのが信じられないです…。

There’s A Place

あまり有名な曲ではなく、地味な部類ですが、私の気に入っている曲です。

ジョンとポールのハーモニーがポイントです。

ただ、曲が短く(1分50秒)、あっという間に終わってしまう曲です。

Twist And Shout

これぞ、ロックンロール!というような感じの曲で、ジョンが元気よく歌っています。でも、これはビートルズの曲ではないんですね。

原曲は私も聴いたことがないです。You Tubeとかにあるんですかね?

ジョンのリードに合わせて、ポールとジョージがコーラスをしています。

ライブ映像を見ると、途中の「Ah~,Ah~・・・」という所は3人が順番に入っていきます。個人的には、そこがとても好きです。

アルバムデザイン

Beatles ビートルズ / Please Please Me 【CD】

この写真は、レコード会社である「EMI」の本社バルコニーで撮影されたものです。

東海大学の教授である石塚先生はこのように分析しています。

吹き抜けの下から撮影することによって、ビルの柱やガラスの壁、階段の手すりなどの建造物が遠近法を強調する効果を出している。

石塚耕一、ビートルズのデザイン地図、東海大学出版部(2016)、p.15

このようにカメラのアングルとかもこだわっていたんですね。

ビートルズのデザイン地図 アルバムジャケットからたどる4人の奇跡 [ 石塚 耕一 ]

Lennon-McCartney作詞作曲ってどういう意味?

このアルバムに限った話ではないですが、ビートルズの曲のほとんどは「Lennon-McCartney」作詞作曲になっています。

これは、ポールとジョンが決めた約束で、

ジョンが1人で作ろうが、2人で一緒に作ろうが、貢献度に関わらず、作詞作曲の名義はLennon-McCartneyになっています。

このレノン=マッカートニーは世界で最強のメロディメーカーともいえるでしょう。

おもしろエピソード

収録時、ジョンは風邪を引いていた

Please Please Me のアルバム収録は時間の関係で1日で行われました。

しかし、なんとその日に限ってジョンは風邪を引いていたらしいです。
なので、一部の曲は鼻声になってしまっているのです(笑)。

デビュー曲「Love Me Do」の話

ビートルズはこのアルバムの8曲目にある「Love Me Do」で、デビューを果たしました。

当初は、ジョンとポールで仲良く歌う予定でした。しかし、この曲は途中でジョンによるハーモニカが入ることに気づきます。

そのため、ジョンがハーモニカを吹いている間は、ポールが一人で歌うことになりました。

しかし、ポールは意外にもあがり症で、数十年経った今でも、当時の緊張について覚えているそうです(笑)。

まとめ

曲自体は知っていても、ちょっとしたエピソードを踏まえながら、もう1度聴いてみると違うように聞こえてくることは多々あります。

是非、エピソードを思い出しながら聴いてみて下さい。

また、ビートルズをあまり知らない方は、これを機に興味を持っていただければ幸いです。

他の記事もどうぞ

>>>ビートルズ関連の記事はこちら

また、私は普段「旅行」に関する記事も書いています。興味がある方は、そちらも合わせてご覧下さい。

>>>旅行に関する記事はこちら

 

最後までご覧頂きありがとうございました。




SNSでのシェアお願いします♪


大学生は海外旅行へ行ける絶好のチャンス!

随時、大学生向けの記事をアップしています。

「ひとり旅に挑戦したい!」

「旅行に行ったことがないから不安・・・」

こんな方のために役立つ情報が満載です!

是非、他の記事もご覧下さい~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

関東を拠点にしている理系大学生です。 中学生のときに2週間の語学留学を経験。そこから海外に対して憧れを持つようになりました。大学生になり、タイの日系企業でインターンシップに参加。海外に対する思いがより深まりました。 今では、暇があれば安い航空券を検索して、国外国内問わず、友人と旅行をしたり1人で旅に出かけます。 ビートルズを中心とした、音楽に関する情報も発信中。