ポールマッカートニー「フレッシュン・アップ・ジャパン・ツアー」東京ドーム公演2日目レポート【2018年11月1日】




みなさん、こんにちは!

ポール(@letitbe01_blog)です。僕は11月1日に行われた、ポールマッカートニーの最新ツアーである「フレッシュンアップジャパンツアー」の東京ドーム2日目の公演に参戦してきました!!

 

この記事では、大学生である僕の個人的感想を含むライブレポートをお届けします!写真なども掲載しているので、是非ご覧下さい!

セットリスト

以下ネタバレを含みます。

本日(東京ドーム2日目)のセットリストは以下の通りです。

本編:
A Hard Day’s Night
Junior’s Farm
Can’t Buy Me Love
Letting Go
Who Cares
Got to Get You into My Life
Come On to Me
Let Me Roll It
I’ve Got a Feeling
Let ‘Em In
My Valentine
1985
Maybe I’m Amazed
We Can Work It Out
In Spite of All the Danger
From Me to You
Love Me Do
Blackbird
Here Today
Queenie Eye
Lady Madonna
Eleanor Rigby
Fuh You
Being for the Benefit of Mr. Kite!
Something
Ob-La-Di, Ob-La-Da
Band on the Run
Back in the U.S.S.R.
Let It Be
Live and Let Die
Hey Jude
アンコール:
I Saw Her Standing There
Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band (Reprise)
Helter Skelter
Golden Slumbers
Carry That Weight
The End

~本編~

【ポール登場のシーン】

開演前の演出は大幅に変わっていて、いろいろな写真を見ながら楽しめました。開演30分前に流れているポールの曲のメドレー?のアレンジがとても好きなのですが、ライブでしか聴けないのでしょうか?

【ヘフナーベースでの演奏】

今日はワインレッドのジャケットで登場しました。腕のところにはエジプトステーションのロゴが付いています!!

A Hard Day’s Nightから始まり、2曲目はなんとJunior’s Farm。ウイングスの曲では割と好きな方の部類です。前日はHi,Hi,Hiだったそうで、こちらも聴きたかった!

【ホーンセクション】

今回から新たにホーンセクションが加わったようで、Letting Goではなんと目の前まで来てくれました。アリーナBブロックとCブロックの間の所です。

やっぱりホーンがいると音に厚みが出てすごい良いです!いままでキーボードなどでは出し切れていなかったサウンドが響き渡っていて迫力がありました。

この後ポールはMCで日本語風に「東京ドーム」と言っていたりして、上機嫌でした!

【ポールのバンドメンバー】

ポールのバンドメンバーは不動の4人です。やはり安定感があります。ポールとメンバーとの信頼関係がよく分かります。

【アコギでの演奏】

ベースの曲を終えると、ギター、ピアノ、そしてアコギのように次々と楽器を変えていきます。僕はビートルズの「We Can Work It Out」がすごいグッときました。

思えば、僕がビートルズを聴き始めたのは中学3年生のときでした。We Can Work It Outの演奏で、当時ビートルズに夢中になっていた自分を思い出しました。

ところが、一つ残念なことが。残念なのは観客の方です。僕の前にいた人が動画撮影をしていて、スタッフに注意されていました。ちょっと素晴らしい時間が台無しです。

ライブが始まる前に大きな看板とスタッフの呼びかけで、動画撮影は禁止ということはあらかじめ言われています。撮りたい気持ちは十分分かりますが、ルールは守って欲しかったです・・・。

【Somethingでのポールとジョージ】

「Something」は本当に名曲です。ジョージの才能があふれている一曲ですよね。この曲のギターソロにさしかかるとポールとジョージの写真が・・・!

その写真を見ながらポールが演奏しているのが分かるでしょうか?

お互いにいろいろ大変なこともあったとは思いますが、こうしてポールがライブでジョージの曲を歌っているのを天国でジョージは見守っていると思います。

【Let It Beで客席がライトに包まれる】

ここからは名曲のオンパレードです。Let It Beでは観客のスマホライトで会場が包まれました!ファンの団結力がすごい・・・!

昔はこういうのはライターの明かりでやっていたんですよね?私はもちろん知りませんが・・・(笑)。

ポールも感動していたのがよく分かりました。ファンとして嬉しい一面でした。

【Live and Let Dieでの炎の演出!】

ポールのライブでは恒例の炎の演出です!いつも通り盛り上がりました!ステージに近ければ近いほど炎の音と熱気がすごいと思います。

【Hey Jude】

本編は「Hey Jude」で締めくくりです。マジックピアノがいつのまにか進化してました!模様が少し派手になりました!

やっぱりHey Judeの大合唱は会場の一体感があって感動しました。

~アンコール~

アンコールでは、前日の「Yesterday」に変わって、「I Saw Her Standing There」が演奏されました!

【ファンがステージ上に!】

今夜は1組のファンがステージ上に招待されていました。なんとプロポーズをするということで、呼ばれたみたいです。64歳になってもお幸せに!

【あっという間の終演】

本当にあっという間でした。今回も素晴らしいライブでした。今年76歳のポール。衰えるどころか、むしろ年々パワーアップしているように感じます!

また来日してくれることを信じています・・・!

今回のライブで感じた点

お客さんの様子

☑親子で来ている人が増えたように感じました。
☑外国人の方も多く見かけました。

ライブの全体的な感想

☑ポールの声の調子は良さそうでした!
☑ホーンセクションが加わったことにより、サウンドの厚みが増したように感じました。
☑新曲の「Fuh You」を演奏中にポール側のクルーが歌いながら僕の横を通り過ぎていきました。さすが地球一最高のクルー!
☑「Band On The Run」のキーボードの音がいつもと違う気がしました。アレンジ?それともミスでしょうか?
☑「Let It Be」で客席が白いライトで包まれたのは感動でした。
☑「Yesterday」を演奏しなかったのはレアではないでしょうか?

まとめ

僕が初めてポールを見たのは2013年のアウトゼアーツアーです。当時は高校1年生で、学校終わりに急いで駆けつけたのを覚えています。

あれから約5年。僕は大学3年生になり、いつのまにか成人してしまいました(笑)。

今回のライブでは、お母さんと一緒に来ている中学生ぐらいの子や、制服を着ている子も見かけました。僕よりも下の世代の子がポールに興味を持ってくれていることは嬉しい限りです。

 

フレッシュンアップジャパンツアーはタイトルの通り、前回のライブから多くの刷新が見られました。年々パワーアップしていくポール。次はいつ会えるのでしょうか?

 

<ポールの最新作>

<僕がオススメするライブ盤CD>

 

最後までご覧頂きありがとうございました。

Twitterでも情報を発信しています。この機会にフォローお願いします!

Twitterアカウント:@letitbe01_blog




SNSでのシェアお願いします♪


大学生は海外旅行へ行ける絶好のチャンス!

随時、大学生向けの記事をアップしています。

「ひとり旅に挑戦したい!」

「旅行に行ったことがないから不安・・・」

こんな方のために役立つ情報が満載です!

是非、他の記事もご覧下さい~!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

関東を拠点にしている理系大学生です。 中学生のときに2週間の語学留学を経験。そこから海外に対して憧れを持つようになりました。大学生になり、タイの日系企業でインターンシップに参加。海外に対する思いがより深まりました。 今では、暇があれば安い航空券を検索して、国外国内問わず、友人と旅行をしたり1人で旅に出かけます。 ビートルズを中心とした、音楽に関する情報も発信中。